自分にとって超当たり前のことが

 

他人にとっては目からうろこの知恵だったりする。

 

僕の尊敬する稲盛和夫が提唱していたキャッシュフロー経営。

 

20年前にそれとであってから、僕は一貫してキャッシュフローで世の中を見ている。

 

キャッシュフロー。資金繰り。

 

というと、とても難しいことのように聞こえるが

 

そうではない。

 

別に資金繰り表なんかなくても会社の資金繰りは簡単に把握できる。

 

そんな知識、僕にとっては当たり前になっていた。

 

 

でも先日、稲盛和夫とキャッシュフロー経営の話になり、

 

僕が超簡単にそれを説明したとき

 

予想外に感動された。

 

へ~

 

自分にとって普通でも

 

他人にとってはそうじゃない。

 

こんなことって結構多いみたい。