セミナーは強力です。

それまで眠っていた感覚、気づかなかった自分、新しい視点、いろいろなものがわいてきて、確実にあなたはその気になるんです。

面白いですよ。

2時間お話しすると、開始の時と比べて目の輝きが違うんですから。

でも、残念ながらその生き生きとした目は長続きしないんですね。

日常に帰ると、自分の理想とはあまりにもかけ離れた現実。

その環境は、せっかくの学びをどんどん忘れさせてしまいます。

エビングハウスの忘却曲線というものがあります。ちょっと引用しますね。

「20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。
1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。
1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。
1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。
1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。」

(出典「エビングハウスの忘却曲線:人間の記憶機能と復習の有効性」)

どういうことかというと、セミナーで学び、モチベーションを高めても、「忘れる」んです。

それでは忘れないためにはどうすればいいでしょうか?

リマインド(思い出す)させることです。

企業の場合、僕のセミナーは1回では終わりません。必ず定期的なフォローアップを行います。それは当初目標としたことが達成されるまで、数ヶ月、場合によっては1年続きます。

セミナーとは、「点」ではなく「線」、一連の作業のことなんです。

クライアントの目標を一緒に達成したいと強く思うから、それに対して責任を負うから、僕のセミナーは「線」なんです。