フレッシュマンたちが社会へ旅立ちました。皆さんは期待に胸をふくらませ 生き生きと新入社員研修 それに続くOJTをこなしていかれることでしょう。

しかし 数ヶ月のうちに 間違いなく期待と現実のギャップを感じます。うまく心の整理をつけて前に進む方がいる一方で 自分ではうまく処理できず 可能性を閉じてしまう方もいます。まさに5月病状態です。

このような理由で 新人研修にはフォローアップが欠かせません。

時期的には7月。入社3ヶ月の経験を棚卸しして問題を解決し 前向きな心を作ります。

このフォローアップは 数年後の離職率を大きく低下させるだけでなく パフォーマンス向上を促進します。

御社でも是非ご検討ください。