経営者アイコン化コンサルティングでまずやってもらうことは

 

自分を理解すること

 

そして

 

人生の目標(ビジョン)、そこに至るまでに何をしていくか(ミッション)、その過程で大切にしたい価値観、これを明らかにしてもらいます。

 

明らかにするというのは、言葉にすること。

 

何となく考えているだけでは、実はわかっていないことがほとんどだからなんよね。

 

この作業は、人によって所要時間や必要な労力が違う。

 

傾向として、知性レベルが高い人、たとえば有名大学出身で、知的な専門職に就いている人なんかは、なかなかできあがらない。

 

で、さらっと生きてる人(?)は、案外簡単にできたりする。

 

「知性が邪魔する」っていうけど、知性が高い人は、何でも理屈で聞こえが良い結果で片付けようとする。でも実は、その延長線上に、よいビジョンもミッションも見えてこない。

 

もっともらしい言葉だけど、本当にそれで納得できるか?

 

できたふりをして片付けてしまっている。

 

そうではなくて、こういう作業には、感性が大切なんよ。

 

心の叫び、おまえは誰だ! どこから来た! どこへ行く!

 

心のからを破って出てこい!

 

知性を捨てろ!

 

これができて初めて、人は自分が見えてくる。

 

ワシの役目は、そうやって泣く子を起こすことじゃね。