今日、祖母の葬儀がありました。

 

生前に最後に会ったのは2日前。酸素マスクをして動かず無表情で寝ている祖母に話しかけると、うっすらと目を開けるだけ。

 

臨終の人っていうのは、本当に、まるでろうそくの火がゆっくりと消えていくかのように、静かに命の火を細めていきます。

 

葬儀に参列したのは何度目だろうか。その毎回、同じ事を思います。

 

人は生まれ、こうして細く、小さくなって、消えていく。

 

それは、まさに、「生きる」ことの裏返しのようでもあります。

 

生きるとは、太く大きく、生命力がほとばしること。

 

情、知、念、すべての源は、その生命力。

 

生きているからこそ生まれる喜び。

 

生きているからこそ生まれる苦しみ。

 

それが別の人生にも影響を与え、

 

時に人を幸せにし、

 

時に人を不幸にする。

 

で、

 

最後は、終わるんです。

 

生涯という刹那に何をするのか、どう生きるのか、

 

それを真剣に考えて、向き合っていくことが、

 

とても大事なんだと思います。