物事にはたいてい目的があります。そして目的を達成するための手段があります。

目的と手段。この2つを取り違えると前進できません。

たとえば、英語をマスターすることは、英語をしゃべる人と意思疎通するため。

つまりこういうこと。

目的: 意思疎通すること

手段: 英語

これが、いつのまにか英語をマスターすることが目的になってしまっていることがあります。

英語をマスターすることが目的になると、英語をマスターできなければ意思疎通ができない、という考え方になります。

本当にそうでしょうか?

意思疎通するという目的のために、英語という手段が使えないなら、別の手段を使えば意思疎通できますよね。

でも、英語のマスター自体を目的だと勘違いすると、そこでデッドエンドになって、他の手段を探すというところまで思いつかなくなります。

これについては、「外国語がしゃべれなくてもできる! エー会話術」というセミナーで、セミナーコンテスト広島大会に優勝させていただきました。 意思疎通に英語は必要ないんです。 このテーマでセミナーコンテストグランプリに挑戦します。

セミナーコンテストグランプリ2018

 

もう一つの例。自己紹介です。自己紹介は自分を覚えてもらうためにします。

目的: 覚えてもらう

手段: 自己紹介

でも多くの場合、自己紹介そのものが目的になって、覚えてもらうという本来の目的を忘れ、適当な自己紹介をして目的達成と思い込んでしまっています。

覚えてもらうためにするなら、そのような自己紹介をする必要があるし、自己紹介以外にも手段はあるんです。

苦手なヒトの、ズボラ自己紹介ワークショップ

 

僕のセミナーやコンサルティングでよくお伝えするのは、「Objective Oriented」(目的合致性)ということ。何にでも目的があるから、まず目的をはっきりさせ、その為の手段を考える、という行動パターンです。

これを忘れると本末転倒。無駄な努力を続けることになります。

 

セミナーコンテストグランプリのご案内は → こちら

苦手なヒトの、ズボラ自己紹介ワークショップのご案内は → こちら