経営者や起業家なら、また、真の国際人になりたい人なら、スピードラーニングで満足してはいけませんよ。

 

今日は「品格のある英語」がなぜ必要なのかお話しします。

 

聞き流すだけで英語が話せるようになるというスピードラーニングなど、楽して覚える英語教材が流行っています。

 

僕は数十年前にスピードラーニングを使ったことがありますから、実際に使ったことがある者としてこの教材を例に使わせていただきます。

 

確かにある一定の効果はあると思います。日本に訪れる外国人とちょっと英語で話すとか、そのレベルでしたら身につく可能性がある程度あると思います。

 

僕の場合は特別です。この教材をアメリカ留学を前に使ったのですが、一人きりで降り立ったアメリカでアパートを借り、電話などの契約をし、生活を立ち上げ、そしてビジネススクールで学ぶ時、そのレベルの英語では全く通用しませんでした。

 

僕の場合、英語はスポーツバーで覚えました。日本人留学生は日本人どうしで固まる傾向がありましたが、僕はできるだけそれを避け、アメリカ人達と毎日のようにスポーツバーでビールを飲んでいました。

 

詳しくは別の機会にお話ししますが、そんな中で、日本語の脳と英語の脳が別々になり、英語を話すときは英語で考えるようになりました。

 

さて、話を戻しましょう。

 

あなたが経営者や起業家、さらには真の国際人になりたい人なら、なぜスピードラーニングで満足してはいけないのか? 国際人の定義は色々ですが、ここでは、自国のことをきちんと他国の人に伝えられる人を想定しましょう。

 

その理由は、かたこと英語ではあなたの知性が疑われるからです。

 

人はあなたのしゃべることであなたの知性を判断します。それは英語にかかわらず日本語をしゃべるときにも言えます。

 

稚拙でおバカなしゃべり方をすると、聞いている人は、その人には知性が無いと思ってしまいます。

 

そう思われると、あなたは逆に相手から知性を引き出すことができません。これがあなたにとってどれだけ損なことか理解しなければいけません。

 

あなたのことを知性が無いと思った相手と話し、その相手が知性のある会話を望んでいないとすれば、その会話は成果に結びつく身のある会話にはなりません。

 

ですから、あなたが経営者や起業家、さらには真の国際人になりたい人なら、知性を疑われない英語を話す必要があるんです。

 

では、知性を疑われない英語とはどのような英語でしょうか?

 

はっきり言います。それは、ボキャブラリー豊富な英語です。

 

ボキャブラリーが不足していても英語はしゃべれます。言い換えができます。

 

しかし、あなたが経営者や起業家、さらには真の国際人になりたい人なら、豊富なボキャブラリーを身につける努力を惜しまないでください。

 

豊富なボキャブラリーを駆使して話す英語には知性がほとばしり出ます。あなたは知性的な人だと判断されます。そういう英語を目指してください。

 

ある程度の効果があるスピードラーニングは導入としてはいいと思いますが、今日お話ししたような、品格のある英語こそ、あなたの最終ゴールです。