仕事、ビジネスは人生の中でも上位に位置するとても大切なものです。しかし、それが人生のすべてではありません。

人生には「職業人生」という要素もあれば、それ以外の「~人生」という複数の要素があって、それらの総和があなたの人生を作っています。

アリストテレスは「全体とは部分の総和以上のものである」と言っています。人生を考える場合、「~人生」をすべて足し併せたものがあなたの人生となるわけですが、あなたの人生は、実はそれらをすべて足したもの以上になるということです。

ちょっと難しいですね。要するに、人生の要素「~人生」の間に「相乗効果(シナジー)」が働くんです。だから、相乗効果が発揮されるような理論的でしっかりした「~人生」を設計すれば、1+1+1が3以上になるんですね。

企業が行うブランド戦略の中に「ブランド・ポートフォリオ」というものがあります。複数のブランドの組み合わせを最適化していくという考え方です。僕は個人のブランディングにもこの「ブランド・ポートフォリオ」が適用できると考えています。それが僕の提唱する「自分マルチブランド戦略」です。

「本当のあなた」という言葉をよく耳にしますが、本当のあなたはひとつではないんです。「~人生」それぞれに「本当のあなた」がいる。それぞれのあなたの自分ブランドをしっかり作り上げて、それらを組み合わせとして自分を作っていくんですね。

本来一つの顔ではないものを一つの顔としてとらえようとすることは、そうでなくても複雑な自分自身をさらに複雑にします。むしろ最初から複数の顔があるという前提で取り組むほうが事は単純になるんです。