前回は初詣について書きましたが、参拝者を見ていると、神社に参拝するときの作法を正しくご存じの方はとても少ないように思います。

sunset-129503_960_720

「二礼二拍一礼」(2回礼をして、2回手を打ち、1回礼をする)をご存じの方は多いのですが、ちょっと間違っているんです。

それは、「二泊一礼」の部分です。

「パン、パン」と手を打った後、その手はどうしますか? ほとんどの方はそのまま手をあわせて合唱されますが、それはお寺での作法です。神社では、最初に二礼したときと同じように、手を打った後は、両手を体の両側に下ろします。ここが間違っているんです。

参拝する前の御手洗(みたらし)の使い方から、参拝、そして神社を出るまで、正しい作法を覚えて、美しく振る舞いましょう。それが神様への礼儀であり、また、あなたを魅力的に見せて、どんなお願い事よりも、あなたのためになります。

僕がお伝えする「伝える技術」は、あなたをあなた以上に見せることを目指すのではなく、あなたが余計なマイナスイメージを持たれ、その結果あなたの実力が過小評価されることを防ぐことを目的としています。

正しい作法もそのひとつ。決して馬鹿にはできないのです。