僕は経営者アイコン化の専門家です。

今月から「経営者アイコン化実践塾」第1期を開始しますが、これは、個人を対象としたコンサルティングで提供していたノウハウをセミナー化したものです。といっても、ただ聞くだけではなく実際に頭を使い、手を使っていただく部分がかなりあるので、「塾」と名付けました。
さて、最近は、アイコン化のコンサルティングを先日始めた某企業社長と頻繁にメールのやりとりをしています。
内容は、その「頭を使い、手を使ってもらう」部分についてです。
パーソナルブランドを作る上でも必要なのが「自分を知る」ということですが、アイコン化にはとてもディープな自分探しが不可欠です。
そのため、最初はかなり時間を掛けて自分探しをしてもらいます。
そして最終的には自分の価値観や、思考・行動のパターンとそのきっかけを、明確にしてもらいます。
人は学校や会社から常にゴールを与えられ、社会通念や時代背景が作った価値観の影響を受けています。
自分は自分、と思っている自分は、本当の自分ではない可能性が高い。
自分の奥底に眠っている、本当の自分を探してもらうのです。
これは楽しくもあり、怖い作業です。初めて出会う自分。大抵の方は驚き、あわてます。
某会社社時に楽しみ、時に苦しみ、自分と賢明に見つめ合っています。
 
考えてみたら、自分のことは自分が一番知っているようで、実は一番わかっていませんね。自分のことは自分が一番知っている、という考え方自体が「社会通念」の影響でできあがったものです。
他者からの影響を一枚ずつ剥ぎ取って、自分の「芯」を見つけること。そのお手伝いをしながら、僕は人間というものに関してどんどん理解を深めることができています。
そしてその理解を、助けが必要な方のために更に活かしていく。この繰り返しが僕の成長パターンです。
パーソナルブランド認定講座では、「自分を知る」ための理論と方法をお伝えします。是非一度ご参加ください。